日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


そして、「無言の教授」が私達に教えて下さったこと、この実習から得たことは、将来歯科医師となり患者さんに向かうようになっても、一人の人間として常に心に留めておこうと決意した。

最後に、献体という行為を理解し協力していただいた方々、「無言の教授」となり、私達に沢山のことを教えて下さった方々、そしてご遺族の方々、全ての方々に感謝致します。ありがとうございました。

 

『勇気』に感謝

竹下伸二

 

「解剖実習は、真面目にやりなさい。医師になってから、解剖をもっと真面目に勉強しておくべきだった、と後悔するから。後から二度三度出来ることではないからな。」

解剖実習が始まる以前に、父や叔父からよく聞かされた言葉です。解剖実習を実際に受ける以前ということもあり、父や叔父の言葉がどれだけ大切か理解していないくせに、ハイ、ハイ、分かった、と決まって私は答えていました。

二年の後期になって、いよいよ解剖実習が始まりました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
144,805

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から