日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


しかし実際に実習に望むとそのような気持ちは消え、その代わりに、遺族の方々が身内を看取るような気持ちで、最後まで誠意を持って実習を行おう、という責任感が生まれた。そして毎回の実習の際にも、その気持ちを忘れないように心掛けた。

解剖学が他の科目と異なる点は、人体の構造について学ぶということの他に、人間が人間自身について学ぶ、という所にあると思われる。長い歴史の間に、古くから人体解剖が行われ、数多くの解剖図譜が描かれたのは、昔から人は自らについて知りたいという気持ちがあったからだと思う。このような気持ちが医学の発展に貢献したのは勿論のこと、様々な学問にも影響を与えたのだろう。

同様のことは、解剖学実習においてもいえると思う。実習では、献体された方々は「無言の教授」として、何も言わないけれど沢山のことを私達に教えて下さった。さらに教科書に書かれていることについて学ぶ他に、佐藤学長先生から、ありがとうと云う感謝の心を持つこと、はいと云う素直な心を持つこと、私がしますと云う奉仕の心を持つこと、おかげさまでと云う謙虚な心を持つこと、すみませんと云う反省の心を持つこと、の「日常五心」など、教科書の範囲以上に大切なことを教えていただいた。

実習期間中だったある日のこと、たまたまある方の財布の中に、カード類に混ざって、某医科大学の献体登録症が入っていたのを目にしたことがあった。この時、献体というものが実は身近な所にあるのだと実感したのと共に、この方もいつか私達と同じような医科・歯科学生に対して、様々なことを教えて下さるのだな、と感動したのを覚えている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
36位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
231,222

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から