日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


そんな感情が込み上げてきました。私がこうした貴重な体験ができたことはこれからの人生で大きな財産になると思いますし、献体して下さった方々に対して恩返しできるのはこれからだと思います。その為には今後とも、努力していきたいと思います。

最後に献体して下さった方々、御遺族の方々に心から御礼申し上げます。

有難うございました。

 

解剖学実習を終えて

須佐史信

 

解剖学実習は楽しかった。不謹慎な表現かとは思うが、事実、この得難い経験は喜びに他ならなかった。何を習得できたのかと問われれば心許ないが、単なる知識を得るだけの場ではなかったことは確かだ。

実習前、不器用を自認する私は、作業にいささか不安を抱いていた。血管や神経を上手に剖出できるのだろうか。それ以前に、判別できるのだろうか。ご遺体を前に、その身の内に広がる複雑で広大な世界を想像し、途方に暮れた。ところが、実習を重ねるにつれ、注意力や集中力は要するものの、特殊な技術は求められていないことが分かってきた。むしろ、愚直に気長にピンセットを動かすことこそが肝要だった。長時間、時として深夜や早朝まで、いつ果てるとも知れない手作業に没頭できるのは、欠かせない日常の営為となってきた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
144,805

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から