日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて

佐々木信也

 

解剖実習が始まる二ヶ月前、私は祖母を亡くしました。悲しみや辛さはあるものの、その時感じたことは、解剖実習に献体して下さる御本人、御遺族の方々の気持ちでした。特に御遺族の方にとっては悲しみが大変に強いのにも拘らず、私達の将来の為、医学の発展の為にと協力して下さるご好意に到達されるまでには、一筋に決断できず葛藤される部分も多かったのではと思われます。その様な複雑な気持ちの上に私達の実習が成り立つことを念頭に置きながら取り組んできました。

実習を終えた今、心に残り考えさせられることは、実習の本質を理解することもそうですが、人の気持ちというものでした。私達の為に協力して下さる御遺体は無論、直接に言葉で語り掛けてはくれません。しかし多くの無言のメッセージを私達に語りかけてくれました。そのメッセージには医を志す者としてだけではなく、人間として在るべき姿を、言葉では表現できない程の重さ、尊さで伝えてくれました。医師として技術ももちろん大事であると思いますが、それと同様に心の充実さも必要ではないだろうかと思います。他人の気持ち、他人を思いやる気持ち、これは私自身で学ぶべきものです。今回の実習、祖母の死を通して更に強く考えさせられました。そして死を通して生きることの大切さ、生きているからこそ有意義に過さなくてはならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
164,248

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から