日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

海事法令手続き早わかり船舶職員法(改訂版)

 事業名  海事関係者に対する海事知識の啓発
 団体名 日本海事代理士会 注目度注目度5


船舶職員法の解説

 

第1章 総則

 

第1節 船舶職員法の目的

 

船舶職員法(昭和26年法律第149号。以下「法」という。)は、船舶職員として船舶に乗り組ますべき者の資格を定め、もって船舶の安全を図ることを目的とする(法第1条)。

すなわち、本法は、人的面のうち特に船舶の航行に直接関係のある船舶職員の規制を行うことにより船舶の航行の安全を確保しようとするものである。

 

第2節 定義

 

1 船舶職員

 

本法において船舶職員とは、船舶において、船長、航海士、機関長、機関士、通信長、通信士及び運航士の職務を行う者をいう(法第2条第2項、第3項)。

運航士とは、いわゆる近代化船に乗り組み、甲板部又は機関部の航海当直を中心とした職務を行う船舶職員である(法第2条第3項、船舶職員法施行令(昭和58年政令第13号。以下「政令」という。)第1条)。

 

2 船舶職員法の適用船舶

 

1) 適用船舶

本法の適用船舶は、次の3類型の船舶から、2)で述べる非適用船舶を除いた船舶である(法第2条第1項、船舶職員法施行規則(昭和26年運輸省令第91号。以下「規則」という。)第2条第1項)。

1] 船舶法第1条に規定する日本船舶、すなわち、

(i) 日本の官庁又は公署の所有に属する船舶

(ii) 日本国民の所有に属する船舶

(iii) 日本の法令に依り設立した会社のうち、次のものの所有に属する船舶

・代表者の全員が日本国民であるもの

・業務を執行する役員の3分の2以上が日本国民であるもの

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
179位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
63,560

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.医師・医学生の農山村・離島等における研修事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から