日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究事業報告書 ?海上保安国際紛争事例の研究 第1号?

 事業名 周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


(44) 岩間・前掲注(25)「刑法の場所的適用範囲に関する遍在主義の制限について」19頁は、辰井説はこの点を見落としていると批判する。

(45) 山口・前掲注(22)「越境犯罪に対する刑法の適用」416頁。

(46) 最近、堀内教授は、双方可罰性の要件を客観的処罰条件とすることによって、外国において不可罰な行為に対する共犯行為は成立しないという結論を肯定されている。堀内捷三「国際協調と刑法の適用」研修614号(平11)3頁以下。これに対して、辰井・前掲注(30)「刑法の場所的適用―国内犯と国外犯」91頁は、国内犯についてなぜ双方可罰性が必要であるかの根拠が不明であると批判する。

(47) Oehler, a. a. O. (Anm. 24), Rn. 259.

(48) 趙炳宣「国境を越えた環境汚染に関する刑法の国際化」甲南法学38巻3=4号(平10)47頁。

(49) 海防法の罰則規定については、北川佳世子「海洋汚染に係わる罰則規定の問題点」新海洋法の展開と海上保安3号(海上保安協会、平11)159頁以下。

(50) 仙台地判平3・7・25判タ789号275頁。

(51) 香川達夫「刑法の場所的適用範囲と二個の判決例」(学習院大)法学会雑誌35巻1号(平11)55頁以下。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
219位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
51,092

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.第4回技術開発調査研究成果発表会資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から