日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究事業報告書 ?海上保安国際紛争事例の研究 第1号?

 事業名 周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


そして、先の二つの事件を引用しながら、「追跡の船舶が最後の手段として実力を行使しうるのは、適当な行動が失敗した後である。その場合でさえも、適当な警告が当該船舶に発せられ、人命を危険にさらさないようにあらゆる努力が払われるべきである」ことを確認したのである(65)。たしかに、裁判所が指摘するように、こうした考えは、1995年に採択された公海漁業実施協定第22条1項(f)でも、「検査官の安全を確保するために必要な場合及びその限度を除いて、また検査官がその任務の遂行を妨害された場合を除いて、実力の行使を避けること。行使される実力の程度は、状況により合理的に必要とされる限度を超えてはならない(66)」と規定されており、本主題に関する一般国際法を示すものと思われる。紹介した3つの事例は、いずれも条約水域(接続水域的性格をもつ)、漁業水域及び排他的経済水域からの追跡と停船命令の不遵守に対する実力の行使であり、また、いずれも行き過ぎた武器の使用と認定された事例である。しかし、本稿で取り上げている領海からの追跡と強制停船の実施にあたってのわが国の海上保安庁や海上自衛隊の武器の使用に対しても、参考になる点が多いと思われるし、危害射撃にあたってはそこで示された要件を厳格に遵守する必要があろう。

 

6 おわりに

 

周知のように、海上保安庁は、わが国の海洋の秩序及び安全を確保するために、領海における無害でない通航や不法行為の監視取締りを重要な業務として行っている海上警察機関である。その対象となる領海侵犯行為は、「私人によって行われる単純な密航のような形態から国家の意思が関与した形態のものまで幅広く存在(67)」しているのが実状であり、そうした領海侵犯の態様の多様性はそれに対抗する措置の多様性を生むわけで、そのことが「領海警備」という主題をいっそう困難な課題の一つにしている。しかし、領海警備が主として無害でない通航を行う外国船舶に対応する措置として構成される部分が多い以上、海上保安庁が第一義的責任を果たすべき問題であることに変わりはない。幸い、同庁は発足以来、運用の面でさまざまな経験の蓄積を持ち、十分にその責任を果たせる機関に成長している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
225位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
49,408

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.第4回技術開発調査研究成果発表会資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から