日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究事業報告書 ?海上保安国際紛争事例の研究 第1号?

 事業名 周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


海上警察に関する国内法制

―最近のフランスを素材として―

 

立教大学法学部教授 兼原敦子

 

1. はじめに

 

フランスは、ここ15年ほどの間に、領海警備に関連をもつ国内法制の整備を進めている。

同国は、まず1985年2月6日に無害通航に関するデクレ*1を制定して、1982年国連海洋法条約18条及び19条の解釈に関して、少なくとも一定程度には、自国の見解を明らかにしたといえる。それに加えて、1994年7月15日には、海上における強制措置および実力の使用に関する法律*2、1995年4月19日には、1994年法を適用するに際しての実力の使用に関するデクレが、*3 各々採択されている。さらにフランスは、1996年4月29日には、1988年の麻薬及び向精神薬の違法取引に関する国連条約上の執行権の行使のために、国内実施立法*4を行っている。そして、この1996年法は、1994年法と1996年法を統合する諸規定を有しており、それによって1994年法及び1995年のデクレと1996年法は、海域における実力の行使を含む執行権行使に関する法制として統合されることになる。

本稿では、このようなフランスの国内法制を素材として、領海における海上警察に関する国内法制を中心として考察することにしたい。したがって、1996年法は、おもに、公海上の執行管轄権の行使の問題に関わる法であるので、補足的に参照するにとどめることにする。*5

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
216位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
50,475

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.第4回技術開発調査研究成果発表会資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から