日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


INSROP事業には、14カ国、総計390名の研究者の協力が得られ、INSROP Working Paperは、Phase IIにおけるものを含め、167編の研究報告書が刊行された。この他、国際シンポジウム、専門紙、学会等への投稿論文を含めれば、200編を超す論文が発表されたことになる。

 

日本側の参画意図の一つは、ロシア・データの開示を促し、広く国際的に活用することにあり、北極海に対して現実感があり、実務経験のあるロシア、ノルウェーとは、やや立場に相違があったことは否めない。計画策定において、ややもすれば、自国エゴに陥りがちなノルウェー、ロシア両国に対して、Internationalの意味を問い直させ、真の国際プロジェクトとしてより豊かな成果を求めて両国間の見解の相違を調整し、ロシア・データの開示を承認させ、本事業を成功に導いた日本の役割は大きい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
174,286

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から