日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


参考文献

 

植村直己、1977、『極北に駆ける』、文春文庫

運輸省運輸政策局環境課監修、『海洋汚染防止条約』

大嶋孝友、1999、MARPOL73/78議定書、関西造船協会誌第44号、pp12-15

小野延雄、1995、北極海の海洋・大気研究、測候時報、62.1、pp33-55

海洋基本法研究会監修、1997、『海洋基本法の解説』、国政情報センター

梶田雅紀、1999、SOLAS条約、関西造船協会誌第44号、pp7-11

岸 進他、1999.1、氷海船舶、関西造船協会「らん」第42号

木下誠一編著、1988、『雪と氷のはなし』、技報堂出版

栗林忠男、1999、『現代国際法』、慶應義塾大学出版会

小口高他編、1989、理科年表読本『二つの極』、丸善

シップ・アンド・オーシャン財団、1994.3、平成5年度北極海航路開発調査研究事業報告書「北極海航路最適船の研究」

シップ・アンド・オーシャン財団、1995.3、平成6年度北極海航路開発調査研究事業報告書「氷海航路航行用最適船の研究開発」

シップ・アンド・オーシャン財団、1996.3、平成7年度北極海航路開発調査研究事業報告書「氷海航路航行用最適船の研究開発」

シップ・アンド・オーシャン財団、1996.3、平成7年度北極海航路開発調査研究事業報告書「北極海航路実船航海試験調査」

シップ・アンド・オーシャン財団、1996.3、平成7年度北極海航路開発調査研究事業報告書「北極海航路実船航海試験計測データ集」

シップ・アンド・オーシャン財団、1998.3、平成9年度北極海航路開発調査研究事業報告書

シップ・アンド・オーシャン財団、1999.3、平成10年度北極海航路開発調査研究事業報告書

シップ・アンド・オーシャン財団、1999.3、INSROP GIS(国際北極海航路計画地理的情報システム)

日本海事協会、1989(III)、平成元年鋼船規則及び同検査要領C編一部改正の解説、III耐氷構造、日本海事協会誌No.208、pp194-212

Aagaard, K., et al., 1983, On the halocline of the Arctic Ocean, Deep Sea Res., 28A, pp529-545.

Aagaard, K., et al., 1985, Thermohaline circulation in the Arctic Mediterranean Sea, J. Geophys. Res., 90(C3), pp4833-4846.

Aagaard, K., et al., 1989,The role of sea ice and other fresh water in the Arctic circulation, J. Geophys. Res., 94(C10), pp14485-14498.

Administration of the Northern Sea Route, 1996,Guide to navigating through the Northern Sea Route, No.4151B.

ASPPR, 1997, Arcti Ice Regime Shipping Standards.

Barry, R., 1989, The present climate of the Arctic Ocean and possible past and future states,The Arctic Seas - climatology, oceanography, geology and biology (Herman, Y. ed.),ppl-46.

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
173,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から