日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


4) 緊急時の避難、救難体制が確立していること。

5) 想定航行海域での安全航行を保証できる船舶の設計・建造が可能なこと。

6) 想定航行海域での航法が確立していること。

7) 国際港としての港湾の整備が充分であること。

8) 航行に伴う環境影響評価が確定していること。

9) 法制、保険、税制の面での採算性、経済性の条件が満たされること。

10) 国際物流の経済的評価に耐えるものであること。

これらに加えて、航路が安定して発展するための要件として、NSRでは、

11) NSR沿いにある未開発地域の開発振興シナリオの妥当性

が問われる。

ヴァスコ・ダ・ガマがインド洋航路啓開に向けて、母国ポルトガルを離れたのは1497年7月のことである。未知の海を乗り越え、10カ月を超える長旅の末、拓かれた海の道は、その後、アフリカ、アジアの国々に激動の500年をもたらしたことがよく知られている。ヴァスコ・ダ・ガマの航海から5世紀を経た今、NSRの啓開は間近かであるが航路沿いの国々に何をもたらしてくれるのであろうか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
174,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から