日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


The following abbreviations are used:Valued Ecosystem Component - VEC; Dynamic Environmental Atlas - DEA; Impact Factor - IF.

 

a) In the beginning was the natural environment...In a selected area of the NSR, some VECs are common at certain periods of the year. The relevant type of data (in this example on Ivory gull) is stored in the DEA data-base and standard routines are developed for compilation of key information on maps and tables.

 

127-1.gif

 

b) Ships of the NSR fleet navigate the selected waters regularly. The spatial navigation pattern is applied to the environment in terms of historical sailing routes. The navigation however represents a certain level of physical disturbance and noise, two types of IFs to the VEC. The spatial range of the IF, in terms of the area that may be influenced by noise, are calculated and applied to the routes by tailored buffer-routines.

 

127-2.gif

 

c) By joining the area affected and the Ivory gull distribution, the intersections between the IF and VEC abundance can be identified and the fraction of the populations affected can be calculated.

 

127-3.gif

 

d) On the basis of the VEC distribution (3-16a), the range of the IF (3-16b) and the vulnerability to the IF, algorithms are developed to aggregate this information on a grid level i.e. counting the fractions affected within each cell. The aggregated results are the non-dimensional PIL indices (none, low, medium, high), indicating the potential impact level.

 

127-4.gif

図4.5-6 環境評価の事例

 

4.5.5 環境関連法規

 

人間の活動に伴う環境汚染の防除・軽減は、汚染領域の広域化、汚染による将来的影響に対する理解の進展と共に、今や全地球的・全人類的課題として認識されるものとなっている。特に、地球表面積の70%以上を占める海洋の汚染は、地球環境全体に関わる重要な問題である。海洋汚染の汚染源は陸・海・空に様々に存在するが、このうち船舶に起因する汚染は全体の12%と比較的その割合は低い(栗林、1999)。しかしながら、NSRは北極海という汚染に対して極めて脆弱な海を通る航路であるとともに、その過酷な環境は、他の海域に増して、通過船舶等の事故を懸念させるものである。また、従来は外国船舶に対して事実上閉ざされた航路であったNSRが開放されることにより交通量が急激に増大するのであれば、船舶起因の汚染はNSRの環境に対する大きな脅威の一つとなろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
173,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から