日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3.3.6 氷丘脈

 

海面を覆う海氷は、厚さが一年氷で1〜2m、多年氷でも3〜4mであるから、その面積に比べて極めて薄い。風や海流、潮流などによって動かされながら、剪断力を受けて割れ、水面が顔を出す。割れ目は大きく広がって水路となることもあれば、若干の時間の後に閉じることもある。その間に水面は結氷して薄い氷が張りつめるが、閉じる時に押しつぶされて上下にはみだし、もとの氷の上に堆積する。その重みで最初の割れ目に平行する新たな割れ目が入り、傾斜して更に押しつけられると同じ厚さの氷同士が積み重なるようになる。このようにして最初の割れ目に沿ってできる氷の山脈を氷丘脈という。その時、水中にも氷が押し下げられて堆積が生じているが、これを竜骨氷という。多年氷中の氷丘脈の平均高さは通常2〜3mであるが、時には8mを超えるほどに発達することもある。

多年氷において、氷丘脈の高さに対する氷の厚さの比をとると、0.9〜1.5となり、北極海中央部のアイスマッシフでは氷が厚く氷丘脈が低いのに対し、カラ海南西部やチュクチ海などの縁辺海域では、氷の厚さより高い氷丘脈が現れる。北極海の多年氷の氷丘脈の高さの分布図を見ると、カナダの沿岸沖が3mと高く、NSRの大陸棚上は1〜1.5m程度であることがわかる。

 

045-1.jpg

一年氷域の水路と氷丘脈(写真:小野延雄)

 

045-2.gif

多年氷中の氷丘脈の平均高さ(Romanov, 1994)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
173,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から