日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3.3.2 低塩分水

 

NSRの沿岸には、ユーラシア大陸から多量の河川水が流れ込んでいる。その結果、オビ川とエニセイ川が流れ込むカラ海や、レナ川が流れ込むラプテフ海、インジギルカ川とコリマ川が流れ込む東シベリア海などでは、沿岸大陸棚域の広い範囲に低塩分水が広がっている。

海水の密度は温度と塩分に関係する。海水の塩分は海水1kg中の塩のg数、すなわち重量千分率(‰、パーミル)で表わされる。塩分0‰の淡水は4℃で密度が最大になり、0℃で凍る。塩分が増すにつれて、密度が最大となる温度(Tρ max)も、結氷する温度(Tf)も低下するが、最大密度温度の下がり方が大きいので、塩分が24.7‰のところで両者が交叉する。秋から冬にかけて淡水の湖の水温が下がるとき、冷えた水は重くなって対流を起こすが、4℃以下になると今度は軽くなって成層しながら表面だけが冷えていき、やがて結氷が始まる。海水の塩分は通常33〜35‰位であり、対流を続けながら結氷温度に達する。塩分24.7‰以下の水は最大密度温度が結氷温度より高く、淡水湖のような結氷をするので、結氷直前は成層していて対流混合が起こらない。

 

040-1.gif

海水の密度の温度塩分図(Ono, 1996)

 

北極海で表層塩分が25‰以下の海域を示した図を見ると、カラ海、ラプテフ海、東シベリア海の広い範囲が25‰以下であることがわかる。明るい斜線を付けた所は、夏の25‰以下の海域であり、濃く斜線を付けた所は冬の25‰以下の海域である。NSRの広い海域が湖のような結氷条件にあることは特筆すべきことであり、世界の海でも他にはバルト海があるだけである。また、NSRの海氷は、凍り始めの時期には、淡水氷に近い性質を示すことに留意する必要がある。

 

040-2.gif

NSR海域の低塩分水分布(25‰以下、濃:冬、淡:夏)(Ono, 1996)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
68位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
161,717

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から