日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3.2.4 北半球の海氷域

 

1973年以降、人工衛星に搭載されたマイクロ波放射計によって、極夜の季節を含む通年の海氷分布が広域に観測できるようになった。北半球の海氷域が最も拡大する3月と最も縮小する9月の月平均海氷分布を、1986年を例にとって並べて示した。薄い青色は海氷のない海である。海氷域の中に水面が見えない密接度100%と推定される所を紫に近い暗赤色で示してあり、密接度に応じてスケールに示したような色分けが施してある。

冬(3月)の北半球海氷域は、北極海はバレンツ海の一部を残して全面が海氷で覆われ、その周辺の海域、ハドソン湾、バフィン湾、ラブラドル海、グリーンランド海、バルト海、オホーツク海、ベーリング海にも拡大する。北緯66.5゜線はアイスランドの北岸近くに位置するから、グリーンランド海東部、ノルウェー海北部、バレンツ海南部は、極夜の季節でも凍らない広大な海面を維持していることがわかる。北極海とハドソン湾は毎冬ほぼ全域に海氷が現れるが、それ以外の周辺海域の海氷域は、年によって海氷の占める割合が大きく変化する。

夏の終り(9月)には、北極海中央部の海氷だけが多年氷となって融けきらずに残る。この多年海氷域はいくつかのアイスマッシフが集まったもので、年によって変動するが、面積の変化だけでなく、その位置も年によって片寄りを見せる。シベリア沿岸に近づく年と、アラスカ、カナダ沿岸に近づく年があり、NSRにとってはその動向を監視し把握している必要がある。この画像の例(1986年9月)では、セベルナヤゼムリヤの両側とウランゲル島の両側とで多年氷が接岸しているが、その両者を比較すると、ノバヤゼムリヤ周辺の方が密接度の多いアイスマッシフが存在していることが読み取れる。

 

037-1.jpg

北半球海氷域の月平均分布(1986年の3月と9月)(Parkinson, 1997)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
170,184

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から