日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


しかし、氷況の経年変化は著しく、夏季航行と言えども不慮の事態を招く危険と背中合せの航海であるとも言えることから、インフラストラクチャー整備に関る具体的なシナリオを策定することが必要である。また、事故等による海洋汚染発生時等に対する危機管理については、管理計画は策定されてはいるが、具体的な汚染防止、防除に関る実行計画に不安があり、汚染補償の見積もりが難しい。

北極海航路を航行するには、氷海中航行についての充分な経験が求められる。また特に、支援砕氷船の支援行動下での操船については、特殊な操船モードでもあり、時々刻々での正しい操船判断には支援モードでの充分な経験が要求される。乗組員としての実航海経験を重ねることが先ず大切ではあるが、操船シミュレータによる訓練などを取り入れる必要があろう。ロシア側からの経験豊かな水先案内人の乗船指導は、航行距離が長大であり、航行時間もかなりの長時間となることから、問題がない訳ではない。

 

現在、北極海航路に関して、ロシアの経済的混乱もあって、これらの条件が全て満たされている訳ではないが、ロシア経済の復調を前提にすれば、近い将来、いずれの要件も満足されるものと考えられる。氷海中の航行は、ごく近い将来人工衛星ベースの航法が主流となることは間違いなく、その意味では、北極海航路啓開の技術的準備は整いつつあると言える。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
71位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
164,083

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から