日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

衛星アルチメトリ・データを用いた海底地形の研究

 事業名 衛星アルチメトリ・データを用いた海底地形の研究
 団体名 日本水路協会  


第2章 研究の内容

 

2.1 船舶等による既存の水深データの整理

 

2.1.1 水深データの収集・整理

既存の数値化された水深データを日本海洋データセンター及び(財)日本水路協会海洋情報研究センターから収集した。収集した水深データは、以下の3種類に区分される。

1) 船舶による水深測定記録を収録したもの

2) 水深測定記録を基に作成されたメッシュデータ

3) 水深測定記録を基に作成された等深線データ

以下に、各々の代表的なデータについて述べる。

(1) 船舶による水深測定記録を収録したもの

船舶による水深測定記録を収録したものとして、MGD77データ及びJODC統合水深データがある。

1) MGD77データ

MGD77は、磁気テープによる海洋地球物理データ交換のために米国国立地球物理・太陽地球データセンター(現国立地球物理データセンター)の要請に応え、Hittelman他によって開発(1977年)されたフォーマット及びファイル形式に対する名称である。対象としているデータの種類は、水深、全磁力、重力及び音波探査に関する情報である。

MGD77の特徴として、1クルーズが1つのファイルに対応しており、各ファイルは、航海情報等が記録されているヘッダーレコードと、観測データが記録されているデータレコード群から構成されていることが挙げられる。収録データの測地系については明示はされていない。

 

004-1.gif

表2−1 MGD77データの概要

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,063位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,569

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.海象等航海支援情報の電子海図等への統合化に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から