日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

観光に関する学術研究論文

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


二席

 

観光関連施設入場者の交通手段選択及び交通意識調査分析

 

053-1.gif

岡野英伸

 

1. はじめに

本稿は、都市内にある観光関連施設*1入場者に対する質問票調査をもとにして、観光目的での移動(以下本稿では、観光行動と呼ぶ)において、観客がどのような判断基準・理由で交通手段を選択し、また交通に関してどのような意識を持っているのかについて分析を行なうものである。

観光関連施設の一つである「神戸市立須磨海浜水族園」は、年間100万人以上の入場者を数える、神戸市内でも有数の集客施設である。また同水族園へは、JR、阪急、阪神、山陽、神戸市バス、船など、多様な交通機関を利用して観客が訪れている。車の場合でも、阪神高速道路、第二神明道路、国道2号線を利用して訪れることができる。そして家族連れのみならず、若年・中年・高年カップル、様々な年代のグループ等、多様なライフステージの観客が訪れている。さらに同水族園には、神戸市内だけでなく、大阪・京都・奈良の近畿圏及び中国・四国地方等、広い地域から日帰り観光客および宿泊観光客が、神戸観光の一つとして訪れている。

以上のように、同水族園の入場者数が神戸市内でも有数の多さであること、多様な交通手段・交通機関を利用して来園することができること、同水族園が幅広い年代層・グループを集めていること、広域的な集客力を持った施設であることなどの理由から、須磨海浜水族園という特定の施設ではあるが、観光行動を調査する上で、多様な被調査者から回答を得られ、今後観光行動における交通問題を研究する上での示唆を得られると考えられる。

さらに同水族園は、JR須磨駅から徒歩で20分強、バスを利用しても10分弱かかる*2。山陽電鉄月見山駅からも徒歩で15分弱かかり、公共交通機関からの交通アクセスに関しては、必ずしも有利な場所にあるとは言えない。にもかかわらず、同水族園は現在でも100万人以上の集客力を持っている。したがって、実際に観客は同水族園までの交通アクセスをどのように感じているのかを研究することは、今後公共交通アクセスでは立地上必ずしも有利ではない地域に、新たに集客施設を計画する場合や、交通機関・交通手段別に効率的な宣伝・広告活動を行なう際の示唆を得られると考えられる。

 

*1 観光白書では、博物館・美術館・水族館・動物園などの博物館施設を「観光関連施設」として分類している。

 

*2 バスの運行本数は、平日・土曜日の9時から16時が1時間に4本(15分間隔)、日・祝日は9時から16時まで平均で4.6本(12分から15分間隔)である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
206位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
55,157

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.国際観光交流促進ワークショップ報告書
2.1998年国際観光概観
3.2000年版 世界観光統計資料集
4.持続的発展可能な観光地づくりに関する調査報告書
5.ウェルカム・イン予約センター 平成8年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から