日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究報告書?V

 事業名 油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究
 団体名 海上災害防止センター  


II 海外におけるオイルフェンスの性能テスト(文献翻訳)

 

1 滞油性能試験

(1) Minerals Management Serviceの試験

海上流出油は沿岸または沖合で発生するが、多くのオイルフェンスは典型的な沿岸/沖合における海上条件ではその効果が確認されていない。その有効性は、約1.0m以上の波、15〜20ノット以上の風または0.5〜0.75ノット以上の曳航速度では漏油する。

これ以上の条件での効果が可能であることを確認するために、Minerals Management Service and Environment Canadaは、St.John's Newfoundland沖合で、風速35ノット、、曳航速度最高1.4ノットでの条件で試験を実施した。このような条件の下では、風に向かって走らせるのではなく、風下に走らせて、このオイルフェンスは滞油の保持に成功した。

(2) NOFT/Norwegian Oil Trawl試験

1) 北海で行われた試験

Norwegian Oil Trawlは、北海のノールウェイ海域での厳しい条件に対応できるオイルフェンスを開発した。この充気式フロートのオイルフェンスは、90cmの乾舷の高さと、160cmの喫水を持ち、3mの波浪と1.5ノットの潮流において有効性を保つべく設計されている。柔軟な空気浮き室によって優れた上下動、2〜3mの波浪にあっても有効である。しかし、3mの波浪においては、油が泡立ち水中に混入し、オイルフェンスの上部を飛沫となって飛び越える。そのため、回収は一般には不可能である。

メーカーであるAIIMaritimの報告によれば、このオイルトロール“V”の形をした底部は網材が装着されている。この構成をとれば最高1.5ノットの曳航速度でもオイルフェンスの下部からの漏油を防止できると報告されている。

2) OHMSETTにおける試験

このVee-Sweepオイルフェンスは、V字型の頂点部に配置したスキマーとともに使用できるように設計されている。このV字型を形成するためにオイルフェンスを展張する掃海距離は60mと倍加され、スカートの底部はクロス網掛けによってこの形を維持している。この底部の網がかけの目的は、油を掃海時に安定させるためである。

また、このシステムは、1.0mのオイルフェンスの喫水と19.8mの掃海幅とを目標としている。試験水槽の物理的制限から、オイルフェンスは0.7mの喫水と16mの掃海幅に抑えられた。試験が、臨界曳航速度(油のない場合における最大可能速度)及び二種類の粘度を持つ試験油について最初に漏油する速度と総漏油する速度の両方を測定するために行われた。試験油は140cStの粘度と1760cStの粘度である。

このNOFI Vee-Sweepオイルフェンスのテストの結果は下記のとおりである。

・ 臨界曳航速度試験(油なしの状態)

- Vee-Sweepの頂点部の水没を臨界曳航速度とした。

- 臨界曳航速度は静水域で3.5ノットで、0.75フィートの波浪では2.4ノットであった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
252位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
41,927

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.「海上防災訓練」写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から