日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究報告書?V

 事業名 油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究
 団体名 海上災害防止センター  


3 自己かく拌型分散剤等の有害性調査

舶査第52号の試験項目は、引火点、動粘度、乳化率(本委員会では乳化率を分散率と呼称している。)、界面活性剤の生分解度及び対生物毒性である。このうち対生物毒性は、沿岸性植物プランクトンであるスケレトネマ・コスタツムを1週間、当該油分散剤の含有量100ppm以上の溶液で培養したときに、当該スケレトネマ・コスタツムが死滅しないこと、かつ、魚類であるヒメダカを24時間、当該油分散剤の含有量が300ppm以上の溶液で飼育したときにその50%以上が死滅しないことが要件とされ、ヒメダカによる方法は、急性毒性試験(JIS K 0102(工場排水試験法)7.1に規定された魚類による試験により行われる。

平成10年度の本調査において、S-7に対する対生物毒性が実施され、S-7が舶査第52号の基準を満たしていることを確認した。また、S-5、S-6及び外国製に対する急性毒性試験並びに身近な家庭用品に対する急性毒性試験を実施し、これらの有害性を調査し、S-7との比較を行い有害性の位置付を確認した。

なお、急性毒性試験は、S-7については海上保安試験研究センターへ、他の分散剤等については(財)日本食品分析センターへ依頼した。

 

(1) 調査結果

S-7に対する対生物毒性の調査結果は、表3-2-14に示すとおり各試験項目において舶査第52号の基準値を全て上回る良好な結果であった。

 

表3-2-13 S-7の有害性

103-1.gif

 

また、S-5、S-6及び外国製に対して、ヒメダカを用いた急性毒性試験を実施した。この試験結果とS-7の結果をまとめて表3-2-15に示す。

 

表3-2-14 各供試体の有害性と分散率

103-2.gif

備考 分散率は、MDPC法(但し、振とう時間は20分)による

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
250位
(32,450成果物中)

成果物アクセス数
44,071

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月1日

関連する他の成果物

1.「海上防災訓練」写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から