日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究報告書?V

 事業名 油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究
 団体名 海上災害防止センター  


原油Aは、散布率2%で分散率が32.1%となり、その後、散布率を増しても分散率がほぼ横ばいとなっている。これはミセルを形成しているものと考えられ、原油Aとの相性はあまり良くない結果である。

原油Bは、散布率3%で分散率58.8%の最大となり、散布率4%では若干分散率が低下した。

また、本調査において、それぞれの原油が固有の界面活性成分1)を含んでいることが文献調査により分かったことから、原油と油分散剤には固有の相性があり、両原油とS-7との相性は、原油Bが良好であり、油分散剤と油種との相性により分散効果に差異が生じることの検証ができた。

開発したS-7は、原油に対する散布率が2〜3%程度で分散率の最大値が得られ、散布率を増しても分散率が一定または減少する傾向が見られた。この現象は、分散性能の比較試験に用いた外国製でも見られ、原油に対する散布率は少量で効果があることが分かった。

 

参考資料

1) Gerard P.Canevari Baisic Study Revwals How Different Crude Oils Influence Dispersant Performance 1987 OSC

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
252位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
43,366

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.「海上防災訓練」写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から