日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究報告書?V

 事業名 油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究
 団体名 海上災害防止センター  


この圧差は大気中よりタンク内に空気が流れ込む作用となり、流動体の溜まりにタンクからホースを挿入しタンクとホースを通気すると、圧差は流動体の表面に作用し、タンク内に流入する。ただし、原理上、ホース先端を完全に吸引物に漬けなければタンク内外の圧差が小さくなり、吸引能力は低下する。また、揚程については、真空圧760mmHg(水銀柱)=1.033kg/cm2=10mAq(水柱)となり、10m以上の吸引は不可能となる。

 

061-1.gif

図2-1-1 強力吸引車概要図

 

061-2.gif

図2-1-2 バキュームカーの原理

 

(4) 試験条件

1) 水吸引試験

1] 揚程(Hm)及び水平距離(Lm)をそれぞれ10m、20m、30mとし、組み合わせる。(例;揚程10mにおいて水平距離10m、20m、30m)

2] 吸引開始はルーツブロワを始動し、ホッパータンク内の負圧が一定となり、作業用ホース先端に取り付けられたアタッチメントから吸引を開始した時とし、吸引終了はホッパータンクが満量となった時とする。(ホッパータンクが満了になると、ルーツブロワが自動的に停止するようになっている。)

2) 油水吸引試験

1] 水平距離(Lm)を10mとし、揚程(Hm)を10m、20m、30mとして組み合わせる。

2] 水槽に水400l及び試験油を180lを投入したものを吸引供試体とする。

3] 吸引開始はルーツブロワを始動し、ホッパータンク内の負圧が一定となり、作業用ホース先端に取り付けられたアタッチメントから吸引を開始した時とし、吸引終了は2]の吸引供試体全量を吸引した時とする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
253位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
42,261

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.「海上防災訓練」写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から