日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究報告書?V

 事業名 油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究
 団体名 海上災害防止センター  


流速が速くなると一次フェンスのスカート下部が図に示すように喫水が浅くなり前項で述べた現象により漏油する。漏れた油は、一次フェンス後方の水の乱れ(死水域)により一次フェンスと二次フェンスの間に浮上し滞油する。浮上した油は死水域の逆流によって一次フェンス後面に輸送され大部分が滞油する。一次フェンス後面の滞留した油は波浪に乱されにくく、また一次フェンス浮体部によって風による影響が少なく油層は安定する。流速が速くなると油滴の浮上速度より主流で運ばれる速度が速いため二次フェンスの下部を通過し漏油する。このことは二重展張といえど完全に滞油することができず限界滞油速度を有していることとなる。

本展張方法は使用するオイルフェンスのスカート深さにより一次〜二次フェンスの距離が異なること、また、スカート深さが深い程限界漏油速度が高速側に移行し単独展張より滞油性能の効果が高いことが挙げられる。

 

039-1.gif

図1-3-17 二重展張オイルフェンスの滞油のメカニズム(B型オイルフェンス)

 

5 オイルフェンスの滞油性能

我が国で市販されているオイルフェンスは、3.(1)項で述べた5分類である。このうちオイルフェンスの規格が定められているのは、オイルフェンスA及びオイルフェンスBで、寸法、引張り強さ、耐油性及び耐水性等の構造、材質等に関する「製品規格」で、滞油性能に関しては触れていない。

一方、オイルフェンスC及びオイルフェンスDは、昭和50年度、運輸省船舶局内に設置された「海洋油濁防止装置開発委員会」により設定された外洋向けオイルフェンスで、それぞれ滞油性能及び耐用限界により「性能規格」に分類され、寸法等の製品規格については規定されていない。

このような状況から(社)日本造船研究協会では、第10基準研究部会(当時、東京大学、元良誠三委員長)を設けて「海洋油濁防止装置の性能評価基準に関する調査研究5)6)」に着手した。

この調査研究の中で各型オイルフェンスの滞油性能を明らかにすべく現シップ・アンド・オーシャン財団筑波研究所の回流水槽(計測水路60m、幅3.8m、水深4.3m、最大流速1.5m/s、最大波長・波高、10m・0.6m、最大風速20m/s)において実施することとして表1-3-2に示す試験条件を設定した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
250位
(32,450成果物中)

成果物アクセス数
44,071

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月1日

関連する他の成果物

1.「海上防災訓練」写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から