日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年3月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


学校ボランティア

 

地域の中で体験を通して培う共生の心

香川県立高松市立花園小学校教諭 利國佐代子

 

025-1.gif

特別養護老人ホームヘの訪問。歌遊びやおしゃべりでふれあいを深めている。

 

私たちの学校のボランティア活動への取り組みは、一九九六年度に「ボランティアグループ」を中心としてスタートしました。九九年度からは、ゆとりの時間を使って「総合的な学習の時間」を位置付け、その中で五、六年生は「自主選択活動」という時間を設定しています。そして、ボランティア・環境・国際理解・地域交流・総合表現の五つのテーマの中から、自分の興味関心に合ったものを選んで、縦割りグループで活動しています。

現在、ボランティアグループのメンバーは二七名で、主な活動は、校区内の特別養護老人ホーム『はなぞの園』への慰問や介護ボランティア、全校生を対象とした福祉体験コーナー、街の中のバリアフリー体験、ユニセフや二四時間TVの募金活動、古切手・テレホンカードの回収などです。また、その体験が校内の自主活動にも生かされています。『はなぞの園』への慰問は年二回で、お年寄りも一緒に楽しめるように、劇や手話コーラス、ゲームなどみんなでアイデアを出し合います。また、ほとんどの子供たちは、放課後や土・日曜日などの時間のある時には、友達と『はなぞの園』を訪問し、介護ボランティアを続けています。ヘルパーさんの指導を受けながら、部屋の掃除やシーツ交換、洗濯物たたみ、おやつや食事の配膳、お風呂のお世話などもします。何回も訪問しているうちに、だんだんお年寄りの表情を見ながら話ができるようになり、「私たちを待ってくれているんだなあ」と感じてうれしくなるようです。だから、仕事はかなり大変ですが、またおばあちゃんたちに会いに行きたくなるのです。

ボランティアグループの子供たちは、「ボランティアって何?」というテーマを追究し、日常的な体験活動を通して自分なりの考えを見つけようとしています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,337位
(30,263成果物中)

成果物アクセス数
1,579

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年10月13日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」99年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」99年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」99年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」99年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」99年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」99年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」99年10月号
8.情報誌「さぁ、言おう」99年11月号
9.情報誌「さぁ、言おう」99年12月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2000年1月号
11.情報誌「さぁ、言おう」2000年2月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」99年4月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」99年8月号
14.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」99年11月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年1月号
16.「こころみ学園30周年記念やまのこ棟(第一期工事)完成記念」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から