日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里親読本シリーズ 第51集「里親養育等事例集(1)」

 事業名 里親制度の普及振興
 団体名 全国里親会 注目度注目度5


十二、障害児の親になりて

宮崎県里親会会長 橘林継通

 

私達が里親に御認定頂いたのは昭和59年の春でした。

初めて参加させて頂いた里親総会の折、判定課長さんより、身体障害の女の子の委託相談がありました。それによりますと、障害名は(カサバッハメリット症候群)臀部から太股、ふくら脛、足の甲といったところが、正常の三倍くらいに肥大していて、痣みたいな黒点が至る所にあるのですが、それは毛細血管が皮膚から突出していて、一寸そこを擦ったりすると血管が破れて出血が始るのです、また、この子の血液には、血小板が極めて少なく、出血が始まると容易なことでは止まらないのです。お医者さんは四歳迄の命と申しておられます。後二年、この子の優しいお母さんになってあげて下さいと懇願されて、家内は意を決して帰って来ました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
581位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
17,639

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.平成11年度里親研修会テキスト
2.里親だより 第60号
3.里親だより 第61号
4.グループホームやわらぎの建物図面
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から