日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里親読本シリーズ 第51集「里親養育等事例集(1)」

 事業名 里親制度の普及振興
 団体名 全国里親会 注目度注目度5


II 里親養育事例・里子体験記録

 

一、三つの宝もの

北海道中央地区里親会 毛内由紀子

 

「人の子も我子もおなじこころもて おふし(育てる)たててよ この道の人」

私達夫婦は、天理教が大好きで信仰しています。この言葉もその中のものです。里親になったのは天理教の方の勧めと、自分の手で子供を育てたいという強い思いからです。

登録は平成2年12月、K男が授かったのは平成3年7月23日、生後ーヶ月でした。里親登録する5年前、天理教の教会長から生まれたばかりの男の子の紹介がありました。未婚の母の子で、名前だけは自分達で付けられるとの事でしたが、同居している母の強い反対で諦めました。その子は本州に縁があり「K男」と名付けられたと、のちに聞かされました。その後母が賛成してくれるまで、5年間待ち続けました。児童相談所から最初の委託の話は母親の状況、名前も5年前と全く同じでした。私は、K男に巡り会うまで5年かかりましたが、待っていて良かった、やはり子供は神様からの授かりものと確信しました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
585位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
17,375

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.平成11年度里親研修会テキスト
2.里親だより 第60号
3.里親だより 第61号
4.グループホームやわらぎの建物図面
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から