日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


◎選ばれた二つの集団◎

一般の氏子主導の体制で行われる現在の祭りにおいても諏訪神社上社の御柱祭には、古来より神官よりも中心的な存在であり、特別な役目を負った二つの集団が認められる。その一つが茅野市玉川神之原の「山作(やまみ)」と呼ばれる人々(八軒)である。山作の八軒という数は御柱一本に付き一軒ということであろう。

 

050-1.gif

見立と伐採が行なわれた御小屋山(背景)と曳行される御柱

 

山作の起源は明らかではないが、その名称の現れている最古の記録は天正六年(一五七八)の造営帳に「山作・原衆」、又は「原之山作」とある。

先述の御柱御用材の選定に始まる一連の奉仕のなかで、この一団は主要な役目を負って終始御柱と行動を共にしている。その仕事の主なものをあげてみると、御柱木を調達する御小屋山の監視の任務と、その山に鎮座する「御小屋明神(祭神建御名方命)」への奉仕、御柱の見立てとその伐採、そして五月の上社里曳き祭初日においては、「御船(おふね)」を担ぎ、「朱塗りの神斧(かみおの)」とともに御柱屋敷から曳き出された御柱を迎えに行き、本宮まで先導する。「御船」は現在は本宮で作られるが、本来は神之原の七社明神社において、これも御小屋山で取った小枝で船形を造り幕を張る。そこから神斧と共に出立し、里曳きの御柱を先導して来たのである。

 

050-2.gif

御小屋明神の祠に置かれた「神斧」(左に柄)と「おね鎌」

 

御柱の祭りに際しては、山作衆は常に「朱塗りの神斧」(元禄五年大祝諏訪頼隆寄進。それ以前は古い斧を焼直して山作自身でこれを作った)を携えていて、この神斧は山作衆を象徴するものとなっている。

上社の例として、本宮および前宮境内の所定の位置に曳き付けられた御柱は、いよいよこれから建てられるという直前に、御柱の先端を山作が神斧で三角錐に削り落とす。

 

050-3.gif

里曳きの途中、川も渡らねばならない川越し

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
701位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
16,272

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
5.自然と文化 第63号「御幣」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から