日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


◎アジア全域に広がる柱儀礼◎

 

ところで、このような「柱」ないしは「柱のようなもの」をともなう儀礼は、中部高原だけに限られる訳ではない。ベトナム北部、ラオスとの国境に接するタィンホア省とホアビン省に居住するムォン人のポンプーン(花と遊ぶ)の儀式にも花で飾られた大きな柱が登場する。この儀式は収穫祭ともいわれているが、マイと呼ばれる女性の霊媒が祖霊を呼び供養するのだが、その拠り代が花柱なのである。また、ムォン人の死者を送る叙事詩の伝承によると、歴史が始まる以前、彼らの聖なる山ライリーライラン山には巨大な石の木があったと伝えている。インドネシアの「ワヤン・クリ」に登場する「クカヨン」を連想させる伝承である。

 

048-1.gif

タイ北部のラフ族(チェンライ県)でも正月の儀式に柱建てをして祭壇を祀る

 

このムォン人と隣接して暮している黒・白タイー人も同様の儀式を継承しており、その系譜はタイ国の民間の儀式に登場するバイシーと呼ばれるバナナの葉で造られた柱のようなものへと連なっていくのである。

先のムォン人は言語的にはタイー人とデルタのキン人と中間をなし、中国支配以前のキン人のくらしの原型をうかがわせるといわれている。ようするに、デルタの人々が中国化して、自らをキン(京)人と自称し分離したというのである。中国の支配が始まる以前、トンキンデルタは、銅鼓に象徴されるドンソン文化のセンターであった。そして、銅鼓自体が柱のようなものであるという説もある。そして、銅鼓に描かれた霊舟や鳥のモチーフは、銅鼓が分布する中国南西部から東南アジア島嶼部にまで広がっている。言うまでもなく、現在の、東南アジアはイスラム、仏教など大宗教に覆われてしまい、一見そのような儀式は途絶えたように見える。しかし、これらの地に伝わる織物には柱(生命樹)・霊舟・霊鳥が無数に出てくるのである。「柱のようなもの」は神、あるいは祖霊の領域と交信するのになくてはならないアンテナだったといえる。これは東南アジアにとどまらず、広くアジア全体に共通した世界観のように思えるのである。とくに、ベトナムに伝わる「水牛供犠」の一連の儀式のありようは、かつての銅鼓を使用した儀式と精神性においては、共通のものとして興味がつきないのである。

<写真家>

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
700位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
16,293

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
5.自然と文化 第63号「御幣」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から