日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


質問の「患者さんあるいはご家族はどのように感謝されましたか」については、「しばらく笑ったことのなかった患者さんが童心に返って大笑いされた。家族の方はその笑っている情景に感動をおぼえた」と。

「あなたはそのことによってどんな気持ちになられましたか」については、「健康なときには何でもないような節分というようなことも、たいへんな喜びを与えると同時に、そのことが家族の方に安心感と、ピースハウスに入院してよかったと思っていただけるひとつの機会になったことを感じた。その笑顔を見て喜ばれる家族の方々のご様子から、ボランティア活動をして少しでもお役に立てたことがうれしかった」

話は変わりますが、私はピースハウスのほかに、清瀬市にある信愛病院の20床のホスピス棟にも週に1回行っています。そこでは私は診察をする医者としてというよりは、相談にのるという程度の関わり方をしているのです。先週行ったとき、ある患者さんに「どうですか」と声をかけたところ、「ここへ来てよかったです」と言われました。それはホスピス棟というのは普通の病院に比べれば静かですし、療養環境はいいのです。郊外にある病院ですから、緑は豊かです。しかし窓の外のすぐ隣にマンションが見える病室もあるのです。ところがそのマンションのベランダに干し物が干してあった。その患者さんはベランダの干し物が見られてとてもうれしいと私に言うのです。私自身はそんな気持ちは味わったことはありません。ささいなことといっては何ですが、普通では感じないようなことがホスピスの患者さんやご家族には大きく心に響くことがあるのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,368位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
7,977

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から