日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


そこには医師としての私でなくボランティアとしての私の自主性とでもいいますか、いわゆるボランタリーがあると思うのです。「雪がこんなに軽いものだとは初めて知ったわ」と言われたこと、あんなにも手にした喜びが強かった。それは何なのでしょうか。私はそのあとすぐ部屋を出たのですが、あとから部屋に入った看護婦が言うには、患者さんと娘さんが涙をこぼしていたと。この方は次週に私が行ったときにはもう意識をまったくなくされてしまっていました。

先ほどの「一杯のお茶」というのもこのようなことではなかったでしょうか。これが白衣を着た看護婦もしくは病院職員が「どうぞ」といって差し上げたのでは、そんな感動は生じなかったかもしれません。もっとも普通病院ではナースや職員がお茶を出して患者や家族を迎えるなどということはほとんど見られないことですが。

 

病いの中にある日常のもつ意味

 

次のようなお答えもありました。

「節分のときの写真係でした。3年前の節分の際、廊下側と庭側の入り口から豆を持った善良の人と鬼が同時に進入し、患者さんも大喜びで豆を鬼にぶつけていました。そのときの喜んだ患者さんの笑顔が素晴らしかったのでシャッターを押しました。その方は、現像してお渡しした数日後に亡くなられました。家族の方から焼き増しを頼まれ、その際にも『もう長いこと笑ったことなんかなかったのに』とたいへん感謝されました」

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,364位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
7,945

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から