日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


私はその夜、医師として一度診察をしましたが、吐き気もほぼおさまったようだということでした。夕方から降り出した雪は積もりに積もって、その夜、大雪になっていました。しかし、朝起きてみたら、雪は止み、陽が差してあたり一面真っ白で素晴らしい朝でした。私はその方の病室へ入って行って「いかがですか」と尋ねました。「昨日よりは楽です」と言われます。あまりに外がきれいなので、「雪がとてもきれいです」と言いますと、「そうですか」というような感じで外のほうをご覧になったのですが、私はとっさにドアを開いて、というのもピースハウスホスピスは病室から直接庭に出られるのです、そこに行って降ったばかりの雪を手に掬って部屋へ持ち帰って患者さんに上げようとしました。そのとき、付き添っている娘さんが側にあった膿盆を差し出してくれたのですが、私は首を振って断って、患者さんに直接手渡すようにしました。患者さんは両掌を椀のようにまるめて受け取って、「雪がこんなに軽いなんて、生まれて初めて知ったわ」と喜んでくれました。私としてもその喜びによって救われた感じがしました。

というのは、吐き気を止めるための医学的な対応はある程度できるのです。医師として症状をコントロールすることはある程度できるのです。しかし、そうかといってそれが患者さんの本当の回復につながるものでないことは患者さん自身が一番よくわかっておられるし、こちらもわかっていることです。そういう状態の中では医師としては、患者さんの前でただたたずむしかないのです。ご家族と同じようにもどかしい、空しい思いにすら駆られるのです。しかし何か慰めるすべはないものかと。それがひと掬いの雪によって目の前に患者さんの喜びが実現されたのです。私も喜んだし、看取りをされていた娘さんも喜ばれたのでした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,368位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
7,977

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から