日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


ソーシャルワーカーになって一番最初に受け持った患者がユダヤ系のポーランド人でがんの末期の人でした。ナチスに追われてロンドンに亡命していたデヴィット・タマスという40歳の孤独な男性だったのです。

ソンダースさんは初めはソーシャルワーカーとして対応していたわけですが、タマス氏が入院したのは別の病院だったこともあって、最後の2ヵ月はソーシャルワーカーとしてというよりも一人のボランティアとしてタマス氏に接したといってもいいでしょう。あるいはより強い友情をもって彼に接したといってもいいでしょう。その中でソンダースさんは、がん末期の患者さんのニーズはどんなものか、願いはどんなものか、何を一番望んでいるのだろうかということに真剣に目を向けたのです。

相手のタマス氏のほうは、初めて親身になって自分のことを考えてくれる人に出会い、事情が事情であったからよけい人の愛に飢えていたのでしょうが、がんの末期の苦しさの中にあったわけですから、切実にソンダースさんに苦痛を訴え、心の悩みを訴え、ソンダースさんのほうも親身になってそれを聞いてあげた。ソンダースさんは、タマス氏が亡くなったあとしばらくの間は虚脱状態にあったようですが、それから立ち直ったのちはソンダースさんは終末期のがんの患者さんのために生涯を捧げようという気持ちになり、その後ある時期からまた看護婦に復帰したのです。

しかし、末期のがんの患者さんに対して、精神的な苦悩に対してはもちろんですが、痛みに対しても、医師はほとんど親身になって考えてあげてはいないことを再確認せざるを得なかったのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,368位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
7,975

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から