日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


このとき心に留めておくことは、加害者がどう変わるかではなく、あくまで自分の態度です。

そして、このような対応の結果として加害者に何らかの影響を与えます。決して容易ではありませんが、このような対応を忍耐強くすることが自分の自立になり、バウンドリーが少しずつ形成されていきます。このようなバウンドリーが、自らの基本的権利などが脅かされるときには、自分を守ることができるのです。もちろん、このような対応だけでいじめをやめさせることができないこともあるでしょう。しかし、第三者の助けを求める場合でも、このような自分のなすべきことを果たして、加害者に対して「もしこれ以上続けるなら、このことを連絡して対応してもらいます」と明確に伝えることです。そして、この言葉を実行に移すことです。多くの場合、冷静に確固たる態度をとっていけばいじめはなくなります。つまり、小さな力でもその力の及ぶところに働かせると、徐々にその効果が出てくるのです。

 

b. 摂食障害への実践

あるいは、摂食障害の患者に対してもこの責任の原則は適用できます。たとえば、家族に過食か拒食の問題をもつ人がいるとします。そうすると家族は、何とかして食べさせよう、あるいは食べさせまいと必死になりますが、ほとんど効果がないだけではなく状態が悪化するでしょう。これはまさにない力を出している状態です。家族には摂食障害を治す力はありません。家族には家族としての役割があるのです。家族の誰かが虫垂炎になったとき、家族で治そうとは誰も言わないでしょう。そんなことをすればかえって命とりになるからです。そこで、摂食障害をもつ家族に、専門家と家族の役割の違いを説明し、過食や拒食の治療は家族ではなく専門家の力の及ぶ領域であり、家族の力の及ぶ領域はやさしくケアし、忍耐強く治療に専念できるよう励まし、サポートするならば、時間はかかりますが回復の軌道に乗れるようになるでしょう。

バウンドリーの力の原則は、自分の力の及ぶところに用いるべきで、そうしないと自分自身が無力感を覚え、周囲をも巻き込んで混乱させてしまうのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
304位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
38,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から