日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


「人生とは・・・」と言って、講義をする必要はありません。そんなことを言っても何もわかりません。

この時期の親や他の家族は、少々子どもが悪いことをしても、また大人に「バカ」などと悪い言葉をつかっても許してしまいます。例えば、子どもが親の頭をポーンと叩いたとします。ある親はそれでも笑って何もしないことがあります。このような親の態度は、子どもに対して「何をしてもよい」というメッセージを送ることを意味します。親は「いまはわからないから」と思っているのかもしれませんが、わかるようになってからでは何倍もの努力と労力が必要になります。この時期に「人生には制限がある」ことを教える必要があり、またそのことは子どもにとっても教わる最善の時期なのです。

 

b. 偽りの万能感

現在、学校で問題になっている学級崩壊の原因は、子どもたちのこの時期までさかのぼる必要があるように思われます。大家族であった時代には、親があまり教えなくても家庭内で、例えば兄弟姉妹同士で牽制しあい、社会には制限があることをトレーニングしあいました。しかし、いま、その年代の子どもをもつ親や教師たちの多くは、あまりこのようなトレーニングを受けていないようです。ましてやその子どもたちは父親不在の母子家庭のような環境で育ち、母子一体から抜けきれない状態で幼稚園や学校に入りますので、何をしてもいいような万能感をもっているのです。そして教師たちも似たような体験をしているがために、そのような子どもたちに効果的な介入をすることが困難です。私はこのような状態を“偽りの万能感”と呼んでいます。現代の若者に何をしてもいいような風潮があることが指摘されていますが、まさに、この時期に社会には制限があることを教えるのに失敗したからなのです。彼(女)らは、自立をはきちがえているのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
304位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
38,768

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から