日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


したがって、母親の存在がバウンドリーそのものになりますから、母親自身の精神状態が非常に重要になるのです。

この時期には、バウンドリーの形成は子どもではなくて母親がカギとなります。もちろん、父親が育てていれば父親ということです。一番身近にいる人ということです。それがバウンドリーの土台を築くのです。

 

c. 子どもには万能感が必要

また、この時期の子どもは“万能感”をもっています。子どもはおなかがすくと、大体泣きます。親は、おなかがすいたのだと思って、おっぱいをあげたりミルクをあげます。そのときの子どもの体験を解説するなら、おなかがすいて泣いたのでお母さんがミルクを与え、その結果、おなかがいっぱいになったとは思いません。乳児にとっては、「おなかがすいたと感じると、おなかがいっぱいになった」という体験なのです。また、おしめが濡れて気持ちが悪いと泣きます。お母さんがおしめを替えてくれます。そうすると気持ちがよくなります。しかし乳児にとっては「気持ちが悪い」と感じるだけで、気持ちがよくなるという体験です。「おなかがすいた」と思うだけで、おなかがいっぱいになるわけです。こんな素晴らしいことはありません。これは“万能感”ということです。もしこれが私たちなら、「お金が必要だ」と思ったらスーと空からお金が飛んでくるような体験です。「お寿司が食べたい」と思ったら、お寿司が目の前に出てきたら素晴らしいですね。これが万能感です。この時期の子どもにはこの万能感が必要なのです。乳児がもし「この人は私の親だけれどもあまり頼りがいがない。あしたのミルク代は大丈夫だろうか」と心配したら、子どもは大きくなれないでしょう。現在なら「リストラにあっているのではないか」とか乳児のときからそのような心配をしなければならないなら、それこそ顔にはもう相当しわができてしまうのではないでしょうか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
304位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
38,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から