日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新しいかたちの自立の実践?バウンドリ?の確立を通して?

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


「ノー」という身体:

関係的バウンドリーがなくて、機能的バウンドリーがあるとします。そうすると、頼まれたらどんどんやってしまいます。関係的バウンドリーがないと、「ノー」と言いたいのに、頼まれれば「ノー」と言えないためにどんどん引き受けます。したがってやればやるほどもっとやらなければならなくなります。しかし、人には限界がありますので、「ノー」と言えないと生活の他のところに影響が及びます。例えば、家族関係とか友人関係が犠牲にされます。退職後は夫たちは妻と一緒の時間を過ごしたいと考えていても、妻は必ずしも夫とではなく友人との時間を望んでいるという現象は、夫が仕事に対して「ノー」と言えなかったために、妻たちが犠牲にされた結果といってよいかもしれません。

また、身体の限界を越えて働いている人が多いようですが、そのような人は疲れを感じなくなります。人間はある一定の限度を越えると疲れを感じなくなってしまうのです。ワーカホリックの状態といえますが、このような状況でしばしば悲劇が起こります。それは突然死です。仕事に対して「ノー」が言えないと身体的な限界に突き当たり、身体がこれ以上は無理だというので「ノー」というのです。

義務的な関係:

また、関係的なバウンドリーが確立していないと、人間関係が非常に義務的になります。日本には義務的な関わりがいくつもあります。夏になるとお中元でしょうか。冬はお歳暮、それから年賀状もそうでしょう。もちろん義務的ばかりとはいえないものもありますが、義務的にしなければならない人たちも多いのではないでしようか。このような慣習は、まさに日本は文化自体が、関係的バウンドリーと相反する性質であるということです。このような文化ではなるべく本当のことは言わないで、丸く納めようと努力をするのが成熟した人の姿だと思っている人々が多いのではないでしょうか。それは関係的バウンドリーが確立していないということです。

これをバウンドリーがくずれているととるか、日本的だととるかは人によって違うのですが、メンタルヘルスという面からはやはり問題だと思います。人間関係(家族関係も含め)で悩み、くたくたになっている方々のほとんどは義務的な関係が原因になっています。もし、同じような苦労をするにしても、バウンドリーがあって、自由と愛を土台としている場合、ストレスや苦労は何分の一かに下がります。それは、心に自由があるからです。義務的な関わりですとストレスがストレスを呼んで、何倍にもなって疲れさせてしまうのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
304位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
38,768

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.こころを癒す?ホスピスケアとボランティア?
2.医療場面におけるコミュニケーション・スキル
3.生活医学シリーズNo.125「摂食障害(拒食と過食)の理解と家族の対応」
4.生活医学シリーズNo.126「上手な医療のかかり方」
5.生活医学シリーズNo.127「腰痛を治し、再発を予防する生活習慣」
6.生活医学シリーズNo.128「喫煙:21世紀の疫病」
7.生活医学シリーズNo.129「訪問看護婦・ヘルパーの家庭訪問時の心がまえ」
8.ピースハウスホスピス教育研究所?業績年報1999?
9.保育所外国人保育実践セミナー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から