日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


また、高い収益を追求せず、自ら土地を開墾して完全無農薬の野菜などを栽培し、新しい農山村の生活スタイルを提案する「球磨(日の出)百姓村」の試みもユニークな取り組みといえる。

 

(5) その他

平成7年3月に竣工し同年4月から稼働している上村堆肥センターは、1]畜産環境の整備・改善、2]良質な堆肥の製造・普及、3]良質な堆肥を利用した安全な食品の生産による農村の生産基盤の確立の3点を事業の目標に、畜産農家から糞尿を購入し、これを堆肥化し販売している。

糞尿のリサイクルシステムが定着すると、糞尿有機肥料による作物栽培が促進され、安全・安心・自然な中球磨ブランドの農作物として確立することが可能となるであろう。

また、南稜高校は、農業系学科のある高校として、地域に残って農業への就業をめざす高校生だけでなく、Uターン、Iターンなどによる就農希望者などから見ても専門的な農業教育機関としての役割が今後期待できる。

 

(6) 林業

中球磨においては、周辺部が森林地帯であり、合わせて約1万haの林野が広がっている。

人吉・球磨地域は県内でも林業の盛んな地域であるが、国産材の需要の低迷、林業従事者の減少により、他の地域と同様、近年、木材生産が低迷している。

しかし、木材としての価値だけでなく砂防や保水や環境保全など、森林が有する多面的な役割を考えると、引き続き重要な地域資源である。また、森林はキャンプや森林浴など、リゾートの場としても重要であり、樹木を通した自然と環境学習の場や癒しの場としても将来大きな役割が期待できる。

 

図表3-1 地域資源一覧表(農林業関係)

045-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,971位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
4,798

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
5.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
6.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
7.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
8.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から