日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第3章 将来像実現に向けて活かしうる中球磨地域の資源

 

本章では、第1章で述べた将来像で示された目指すべき方向性に迫るためには、将来ビジョンに掲げられた方策を含めてどのような方策が考えられうるのかを念頭に、6つの領域ごとに、まず活用しうる資源を検証することとする。

地域の資源として考えられるものは、人的・物的資源、歴史的・文化的資源など多様であるが、本章ではできるだけ幅広く捉えることとし、「魅力ある地域づくり」の素材として活用できるかどうかを基準に検討する。

 

1 農林業

(1) 恵まれた農業基盤

中球磨地域は、第2章で述べたとおり、水田、畑をあわせた農業基盤整備率は、非常に高い。こうした生産基盤を活かして高収益作物の栽培など積極的な農業が可能である。

 

(2) 農産物

中球磨は、上記で述べたような恵まれた生産基盤を背景に稲作の他、梨、露地メロン、葉たばこ、い草などの栽培、肉用牛の肥育などが5か町村内各地で実施されている。また、多角的に経営を行っている先駆的な農家も数多くあり、こうした人的資源を活かして各農産物の質の向上及びブランド化への取り組みが可能であると思われる。

 

(3) 農産加工品

上村のウコンや免田町の幸福ワイン、須恵村の梨ワイン、深田村のいちごワインなど地域内外の加工施設により地域の特産品として加工・製造・販売がなされている。

このような、中球磨の農産物を活かした農産加工品の加工・製造・販売は、外部からの企業の誘致が非常に厳しい折、農業に付加価値をつけ、高次化させ「安定した雇用」にもつながる重要な資源となる。

 

(4) 人的資源

多角的な営農を実施している農家を始め、中球磨地域には様々な経営を行っている数多くの農家が存在している。

有限会社アクア農園(免田町、深田村)のように法人組織化した農家が発生しており、また、アイガモを利用した、無農薬有機栽培を目指す農家(上村、須恵村)や、菊を栽培して高収益を挙げている農家(深田村)、県外に独自の販路を有する農家(免田町)など自主的・主体的な先駆的な取り組みがなされている。

また、いちごやブルーベリーの観光農園の経営者もおり、これら観光農園は中球磨の特産品の販路拡大や農業体験の場としても重要である。特に深田村のいちご農園は、くま川鉄道とタイアップしたいちご列車や、いちごワインの販売(製造は山梨県のワイン工場)を行っており、観光資源としても注目される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,992位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
4,229

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
5.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
6.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
7.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
8.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から