日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第6章 白浜町の観光振興に向けての提案

 

1 コンセプト

(1) 基本理念

21世紀の余暇社会を展望したとき、観光地づくりの基本的な考え方としては特に次の点が重要である。

○ 気軽に手軽に繰り返し訪れることができるリゾート地の形成が重要である。

○ これからのマーケットは、ファミリー・小グループそれに高齢者需要に着目すべきである。

○ これからの観光は、単に見るだけではなく“五感”に訴える対応がポイントとなる。

○ 観光の効果を経済的・社会的に町内全体に波及させていくために、観光以外の他分野との連携の仕組みづくりを形成していくことが重要である。

○ 住民が生きがいを持ち、楽しみながら参加できるまちづくりが、引いては訪れる観光客にとっても楽しい観光地となる、いわば“まちづくりからの観光”の視点が基本となる。

 

図表6-1 観光地づくりの基本理念

069-1.gif

 

(2) 観光地づくりのテーマ

本町は資源性にも市場性にも恵まれた観光地である。しかしながら、その立地条件の良さに依存しすぎたきらいも否めない。また、「温泉と海」が突出した資源となり、その他本町が持つ多彩な資源について必ずしも十分な活用が図られてこなかったことも指摘される。

一方、観光行動は自家用車による移動手段が主流を占め、高速交通網も拡張される中、単一観光地での圏域を超えた観光行動の広域化が進みつつある。

また、観光ニーズは多様化・高度化・個性化しており、よりきめこまやかな対応が観光地には望まれている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
797位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
12,844

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
5.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
6.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
7.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から