日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3 白浜町観光振興の課題

本町は海と温泉資源という優れた自然条件の下に、紀伊半島の代表的な宿泊観光地としてこれまで展開してきた。

しかしながら、観光客のニーズの変化と共に、バブル崩壊という経済状況もあり、従来路線のあり方では誘客することが非常に難しくなってきている。

本町は、これまでの歴史も含め、いわば紀伊半島のリーダーでもあり、いち早く新たな観光への取組の見本ともなるような役割を担っている。

すなわち、従来型の資源依存型の観光地ではなく、住民も含め町一体となった“町づくり型観光”への脱皮が求められ、そのための観光地としてのグランドデザイン及び町全体のコンセンサスを得たマスタープランを作成していくことが今後必要となる。

ここでは、そのための課題の捉え方として、1]観光を取り巻く環境変化からみた課題と、2]本町の現状からみた課題の2つの視点から示しておくものとする。

 

(1) 観光を取り巻く環境変化からみた主要課題

ア 高齢者社会への対応

・ 本町が有する温暖な気候、温泉は高齢社会の観光の重要な要因であり、その有効活用が望まれる。

・ 高齢弱者から元気高齢者まで、多彩な高齢者活動が想定され、適切な受け入れ環境づくりが必要となる。

 

イ 観光客のニーズ変化への対応

・ 近年の観光志向の特徴は「自然志向」「健康志向」「文化・体験志向」「リゾート志向」の顕在化であり、これらに対応した資質は本町は充分に有しており、対応の仕組みづくりが重要となる。

 

ウ 企業型観光から個人型観光へのシフトへの対応

・ 従来の団体慰安型観光に象徴される“企業型観光”から、近年は家族や小グループを中心とする“個人型観光”へシフトしており、宿泊施設等の整備や情報提供のあり方等、客層に対応した受け入れ体制づくりが求められてくる。

 

エ 距離要因の有効性の変化への対応

・ 国内の高速交通網の整備により、必ずしも近いところが有利であるという条件が従来のようには効かなくなってきている。

・ 観光客はより魅力的な観光地を求めて全国レベルで動くようになってきており、プラスαの魅力づくりが重要さを増してくる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
797位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
12,844

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
5.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
6.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
7.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から