日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3 大学整備に望まれる基本事項

 

(1) 産業の高度化、多様化と創業を担う人材の育成

産業の高度化、多様化と創業を担う高い専門性を備えた人材の供給拠点として大学は機能する必要がある。大学新規卒業生の36%が無業者となっている現状を考えると、この点はとくに留意しなければならない。とくに、中城湾港新港地区には工業用地などの産業基盤やトロピカルテクノセンター、工業技術センターなどの研究開発拠点が立地するなど、産業界と教育機関の連携が図りやすい特性を持っていることから、産業振興に寄与しうる研究・教育機能を備えた研究学園都市の整備が、中部圏の将来像の一つとして明確に位置づけられることが望まれる。

 

(2) 国際的環境、基地内資源を活用した国際的な人材の育成

中部圏の大きな特徴である優れた国際的環境を活かし、国際的な視点、事業力や行動力を持った人材を育成・確保する教育システムを備えていく必要がある。そのためには、現在進められている関連構想との連携を図りつつ、基地内の資源(基地内大学、基地内の専門家等)を活用することも検討する必要がある。

 

(3) 情報通信基盤・技術を活用した高度な専門人材の育成

同時に、今後ますます高度化、多様化する情報通信技術を有効に活用できる情報通信基盤を備え、情報通信に対するリテラシーを育成する教育システムを備える必要がある。すなわち、今後、学問の学際化、文理融合化がますます進展していく中、情報通信技術をツールとして活用し、コンテンツを重視し、専門分野を深化していく必要がある。

また、このような情報通信技術をツールとして活用し、専門分野における海外とのネットワーク交流など、国際的な視野やノウハウを身につけられる環境整備が望まれる。倒えば、情報通信技術を活用した海外の大学などとの遠隔講義など、国際連携を積極的に図っていく必要がある。

さらに、情報通信技術を活用し、リカレント教育、企業人の再教育などにおける利便性の向上に結びつけていくことも、今後ますます求められてこよう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,382位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
7,570

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
5.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
6.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
7.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から