日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


5 住機能

 

(1) 四街道市及び周辺地域における住機能整備の動向

ア IC周辺地域で整備を目指す住機能の特徴

四街道・フレッシアン・パーク構想においては、住機能は、フレッシアン・コミュニティ・ガーデンのなかで検討されている。フレッシアン・コミュニティ・ガーデンは、谷津田の複雑な地形を生かし、グリーンガーデンと一体となって田園環境に近接した居住機能を導入する部分である。そのなかで、環境志向の高まりや、余暇時間の充実等豊かなくらしへの希求に対応した、田園環境居住のモデルとなる住宅地を目指している。その内容は、図表3-41のとおりである。

 

図表3-41 フレッシュアン・パーク構想

091-1.gif

 

イ 四街道IC周辺地域における大規模な住機能整備の動向

四街道市では、昭和40年代から50年代前半にかけて、非常に高い比率の人口増加を経験してきた。昭和40年から45年の5年間で、人口が6,597人(33.4%)増加し、その後の45〜50年は11,026人(41.8%)、50〜55年は21,835人(58.4%)と、それぞれ急激な増加を示している。昭和55年以降も、55〜60年の間が7,772人(13.1%)増加、60〜平成2年が5,129人(7.7%)の増、2〜7年が7,338人(10.2%)の増加となっている。このように、伸び率は低下傾向にあるものの、人数ベースでは5年間で5,000〜7,000人の増加が継続しており、依然として人口増加傾向は大きい状況にある。

このような人口増加傾向を計画的に受け止めるために、市街地周辺部において大規模な住宅地開発が現在も計画的にすすめられている(図表3-42参照)。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,399位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
7,470

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書
2.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
3.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
4.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
5.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
6.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
7.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から