日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「少子・高齢化、情報化等に対応した地方行財政システムのあり方に関する調査研究」報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


イ 業績の明確な基準と判定

1] 結果が全てであることが原則であるため、あらかじめ基準を作っておいて、その基準に合致する形で測定して、結果が良かったか悪かったかを判断する。一方、手続に関してはかなり緩め、自由に任せるというやり方を採用。

英国で行われているAgencyも結果となる事業目標をつくり、年度毎にチェックする、中期目標を立てるということを行っている。

2] 従来の行政管理では、結果は測定しがたいことを前提に、結果でなく手続によって行政の質を確保しようという考え方である。

 

ウ アウトプット統制の強調

1] 結果が全てであることを強調。結果のためには自由な裁量を与えて、良い結果を求める。アウトプットの部分について統制をかける。

2] 従来の行政管理では、予算や組織をはじめとする手続を通じて縛りをかけており、インプットの部分で統制をかけている。

 

エ 組織繊単位の分解

1] 小さい組織ほどよい。機能が対立するものは別の組織として外に出してしまう。例えば、社会保険料を徴収する機能と人々に分配する機能を区分する。こうして小さな組織を機能別に設けて管理者を配し、ある程度自由な裁量に任せるという発想。

2] 従来の行政管理では、例えば国の省庁における大臣を中心とする一元的な責任が重視されるように、組織の一体性が強調されていた。

 

オ 競争の強調

1] 「競争は良いものを生み出す」という確固とした信念がある。例えば、英国では、Compulsory Competitive Tenderingという一般競争入札により行政サービス主体を選択する制度(現在廃止されつつある)があり、市町村の清掃部門と民間の清掃部門とが入札をして、民間がとったら市町村職員は退職して民間に移行するといったことが行われ、民間と行政とが競争するという発想に立っている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
706位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
15,442

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「地球温暖化防止に向けての地方公共団体の取組に関する調査研究」報告書
2.「健康福祉資源の創造と活用に関する調査研究」報告書
3.「広域交通の結節性を生かした複合機能都市づくりに関する調査研究」報告書
4.「歴史・文化資源を活かしたまちづくりに関する調査研究」報告書
5.「研究学園都市の広域的整備による地域活性化に関する調査研究」報告書
6.「伝統的観光地における観光経済構造の実態に関する調査研究」報告書
7.「港湾都市における新たな広域機能創出に関する調査研究」報告書
8.「町村合併による中山間地域の振興ビジョン策定に関する調査研究」報告書
9.外国人に対する行政相談の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から