日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

溶接変形と歪み取り対策

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


019-1.gif

Fig.7.102 変則ガーダーのひずみ取り

 

019-2.gif

Fig.7.103 デッキガーダーのひずみ取り

 

019-3.gif

Fig.7.104 補機台等のひずみ取り

 

3) FBの通りを見て、曲がっている箇所を探す。

上記2)及び3)のひずみ取りは、(1)のガーダーの場合と同じである。

(3)変則ガーダーのひずみ取り

Fig.7.102に示す例のような場合、

1) 曲がりがひどい場合には、FB1]の曲がりをおおまかに直す。

2) ウェブ2]のストレートラインを直にする。その順序は、FB1]の曲がり部aを焼いて(偶数回)水冷する。これで直らなければ、ウェブ2]のbを焼く(a、bを繰り返し焼く。最初にbを焼かないこと)。

3) FB3]の曲がりを直にする。

4) FB1]の曲がりを最後に矯正する。

(4) デッキガーダーのひずみ取り

Fig.7.103に示す例のような場合、

1) 形材のストレートラインを直にする。この場合の方法は変則ガーダーのときと同じである。

2) FBを直にする。

(5) 補機台などのひずみ取り

形状が一定化していないので、Fig.7.104に示すように縁に骨がない場合と、ある場合について述べる。前者は、ひねりを生じるのでジャッキで水平に押さえ、縁を約30mmほど三角焼きし、水を掛けてしぼる。後者も三角焼きで最初に骨の曲がりを直し、次にひねりを直す。

 

7.9.3 溶接ひずみの許容限界

 

やせ馬その他の溶接ひずみの許容限界としては、7.5で述べた部材の取付け精度の場合と同様にTable 7.47に示した33)ので、参考にされたい。

 

参考文献

 

1) Aluminum Assoc.:Welding Aluminum, Theory and Practice、(1989)。

2) 三菱造船(株)下関造船所:船舶用軽金属委員会第5回報告書、(1954-3)、121。

3) 笈川研一:アルトピア、(1990-7)、51。

4) C.E.Ransley and H.Neufeld:J.Inst.of Metals、74(1948)、559。

5) 軽金属溶接構造協会:アルミニウムとその合金のイナートガスアーク溶接、(1971)。

6) 軽金属溶接構造協会:アルミニウム構造物の溶接施工管理、(1981)。

7) 軽金属溶接構造協会編:アルミニウム〔合金〕のイナートガスアーク溶接入門講座、(1991)、アマチ社。

8) 軽金属溶接構造協会:ティグ溶接用電極使用マニアル。(安田克彦:軽金属溶接、8(1990)、211)。

9) 日本小型船舶工業会:アルミニウム合金船建造技術指導書、(1984)、202。

10) ALCAN:Al.Welding and Allid Process、Sec.2、2-1-12、(1960s)。

11) 漁船協会:鋼製漁船構造基準(昭和61年版)、(1982)。

12) 蓑田和之:船舶・海洋とアルミニウム、(1990)、69。

13) 軽金属車両委員会:大型薄肉形材用アルミニウム合金6N01-T5の疲れ強さ、(1989)、9、日本鉄道車両工業会、軽金属協会。

14) 軽金属溶接構造協会:アルミニウム溶接用語、(1992)。

15) N.L.Parson:Weld.J.、50(1971)、77-s。

16) 難波圭三、佐野啓路:未公表。

17) 杉山禎彦:住友軽金属技報、6(1965)、53。

18) 筒井年男:アルミニウム合金薄板交流ティグ溶接及び中板ミグ溶接の基礎的技法、(1980、軽金属溶接構造協会。

19) 竹内勝治:船舶・海洋とアルミニウム、(1990)、114、軽金属溶接構造協会。

20) AWS:Welding Aluminum、(1966)、39。

21) 竹内勝治:軽金属溶接、4(1966)、240。

22) 例えば、R.Nagamoto et al.:Aluminium Weld.、IV,、(1988)、4-1、JLMWCA、Tokyo。

23) 軽金属車両委員会:鉄道車両用アルミニウム合金5086-H112の疲れ強さ、(1990)、日本鉄道車両工業会、軽金属協会。

24) W.O.Dinsdale and J.G.Young:Brit.Weld.J.、9(1962)、482。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
89位
(30,041成果物中)

成果物アクセス数
135,223

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年5月19日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書−数値現図−
2.FRP船修理標準工作法
3.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
4.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から