日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

溶接変形と歪み取り対策

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


6.2.3 加熱曲げ

 

加熱曲げは、6.2.2で述べた油圧プレスや三本ロールによる曲げ加工後、線状加熱や部分加熱焼きなどの局部的な加熱によって最終の仕上り形状を得る熱間加工である。熱源は、適当な大きさの酸素・アセチレンバーナ又は酸素・プロパンバーナを用い、これを適当な速さで移動し、水で周囲を急冷して目的を達する方法である。鋼板の加熱成形加工17)と同じであるが、経験的な要素が極めて多い。

(1) 加熱曲げ

材料の加熱、冷却による収縮を利用し、板厚方向の加熱収縮差によって曲げを起こさせるものである。この場合、加熱したその周囲は、いつも冷えていることが必要となる。

 

参考資料

6N01-T5 押出形材のひずみ取り加熱と引張性質

 

006-1.gif

図A 加熱時間と引張性質の関係

 

(1) 加熱温度が250℃以下ならば、加熱時間が8min.におよんでも、加熱後の引張強さは加熱前の値の90%、耐力で85%程度である。

(2) 加熱温度300℃の場合は、加熱時間を1min.以内、350℃ではおよそ0.2min.以内にとどめるならば、引張強さは、加熱前の値の80%、耐力で75%を維持できる。

(3) 加熱温度250℃以上では、加熱時間の影響が明瞭に現われ、加熱時間が長くなると引張強さが低下する。また、加熱後の冷却方法の相違が機械的性質に及ぼす影響は、試験片が小さいためか明瞭ではなかった。

(4) 300℃および350℃における繰返し加熱は、回数の増加につれて引張強さが低下する傾向がみられる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(30,306成果物中)

成果物アクセス数
150,393

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年12月8日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書−数値現図−
2.FRP船修理標準工作法
3.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
4.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から