日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


4.3.2 垂れ下がりロンジの展開

ロンジでありながら、トランスフレームと同じくウェブ面が平面であるような、側面曲げ/捩れ=0…であるロンジの展開である。このランディングについては、基本データ準備の「フェアリング」の章で説明した。形状展開は、そのロンジが載る平面を取出せばよく、ランディング計算そのものとなる。

 

垂れ下がりロンジ・ランディングを採用する場合、ブロックバットに合わせるロンジの接合部では、すでに[図2.4.6 垂れ下がりロンジの継手]で見たように:−

(1) ウェブ/フランジ両方の突き合わせ継手に、微少なナックルが生じ、

(2) ウェブとフランジの継手端部の切度が、通常のように直角でなく、若干傾斜した形状になる。

これら隣接ロンジ面相互の交叉線計算も、ランディング計算に含まれ、そのデータをロンジ展開に移しておく必要がある。

この一品図の端部を[図4.3.3 垂れ下がりロンジ一品図例]で見てみよう。

両端のバット部で、ウェブ継手には切度が出ず、フランジ:Fc.PLにのみ僅か2°(6〜7/200)の切度である。

 

104-1.gif

図4.3.3 垂れ下がりロンジ一品図例

 

4.4 システム入力量の削減

以上見てきたようにロンジ/トランスフレーム展開は、基本データ以外に入力項目が多いため、都度の部品毎にすべてのデータをインプットしていると、船全体では膨大な時間を要することになる。これを短縮するための工夫を紹介する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
175位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
65,310

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から