日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


表の上欄[ステップ]で: −

●[ベースデータ作成]=本書での基本データ整備を指すが、あと切直しの曲面座標変換を行うので、よく曲面定義に不足するデータ:タンジェンシーラインなどを「特異点」と称して補充しておく。

また「辺情報」とは、入力欄にある板シーム・バットの開先、伸し、溶接法の総称で、このステップで準備しておくものであったが、現在はナシ。後述の内構システム:一品CADに統合されている。

●[切直し]ステップでの「所用鋼材リスト」は、素材発注用採寸。「概略定盤配置図」は、コンピュータに画面のなかった時代の参照用で、現在は不要。

●[組立用諸計算]欄の中程「ベクトル図計算」とは、シーム板継線の組立定盤面に対する主傾斜方向を出して、自動溶接の適用範囲を判定する資料。欄最下の「単板治具N/Cテープ」とは、「曲り単板ロンジ先付け工法」を採用すべく、小組立定盤の支持ピン治具高さをNCセットする出力。いずれもソフト先行で、ハードの方は進展に至らなかったものである。

●[形状形成]ステップでの「展開補正」は、平捩りなど展開形状の振れる癖のある板の加工実績を履歴として蓄積し、精度補正する目的のものだったが、後説明する「切直しフレームによる近似測地線展開」の結果では必要が生じなかった。現状では機能はのこるも履歴ファイルは廃止。

●[ポストプロセス]=「後処理」ステップでは、当時の造船所の設備や工作法の差、定規/一品図での手マーキン、ネガ作画の投影マーキン、NCマーキン切断…に包括して対応するようにしてある。

なにせコンピュータでやるのなら、それらしく、いっそ手作業の延長でないことをやろう…の狙い眼が、読み取れるであろうか。

現在の[図3.2.1 曲り外板システムフロー]では、流れがブロックと単板の2つに分かれているが、これは背景である時代の技術変化とシステム適用を積み重ねてのメインテナンスの結果である。

例えば、現在の単板システムでは、単独で現尺現図の補助として使えるように、または修理船の外板取換え工事にも利用できるように、計測オフセット寸法の入力による[図3.2.8 単板システムフロー](次頁)の運用となっている。

近年は短納期建造のためか、中小造船所の中には、現尺現図フェアリング精度が悪化しているところが多い。[図3.2.9 フェアリング精度の目視法]で「落ち」の目盛りを拾ってみると、徐々に変化すべき「落ち」の差が、まま±10mmくらいは波打っているのが判る。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
176位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
64,770

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から