日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


測地線作画の手順は、[図3.1.3 測地線の求め方]の右<正面図>に示すように、展開する板のほぼ中央に定めた展開基準フレーム: Kの基準点: Bを通り、そのフレームの上下シーム位置を結んだ弦: Pm-Qmにほぼ直交する展開基線=測地線:πを求め、次のフレーム: K1に送った点: B1でまた弦に直交する線:π´による補正量: hgを、その次のフレーム: K2に逆方向に送って、測地線位置: G2を出す。この作法を繰り返して測地線の延長を求めていく方法であった。

 

074-1.gif

図3.1.3 測地線の求め方

 

その数値計算は、その作画方法を全て空間に当てはめて3次元座標系(x,y,z)で行う。左<パース図>が、その対応を示したものである。ただしイメージ表現なので、形状を誇張して描いた正面図とはプロポーショナルにはなっていない。

正面図で作画に用いた線は、実は正面で1線に見える1平面で、例えば中央フレーム: Kに立てた見透線: πは、見透面そのものと理解される。

また作画現図で、フレームの弦に垂線を立てたのは、ほんとは弦でなく弧=フレーム曲線そのものに立てるべきなのを、作画誤差の累積の問題から、やむなく弦を弧に代用したのであった。数値計算では、この代用近似度を高めるために、上シームをば、πに対して小さい間隔: dでπに平行なπpに、同様に下シームをπq 置換えている。『現図展開』での原理を再確認し、ここでのパース図と正面図を見比べて、吟味してほしい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
173位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
72,067

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から