日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

造船現図指導書−数値現図−

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


3. 曲り外板システム

 

数値現図における曲り外板システムは、一般に、外板展開計算システム、外板曲型計算システム、組立治具寸法計算システム、板継仕上マーキン寸法計算システム…などからなる。以下の記述で、「外板」とは「曲り外板」を指す。船底/船側の平板ブロックは、縦隔壁などのパネル・ブロックと同じシステム処理となるからである。

 

3.1 各種の外板展開法と数値計算

作画現図と数値現図を比較する。

 

3.1.1 各種外板展開

手作業による作画現図では、複雑な船体曲面をなす外板を近似的に平面展開する必要から、多くの展開法が考案され、曲り外板の形状、曲り/捻れの強弱によって選択使用されてきた。

これらの近似展開法には、別冊『現図展開』に詳細な説明があるように、従来から基線展開、タスキ/マカネ送り展開などがあり、その他特殊な展開法としては、船底平面からの立ち上がり部分に用いられるロール線展開/キール展開、前後端部の外板にも用いられるステム展開などがある。「キール展開」とは、造船現図指導書シリーズ初出であるが、前章の[図2.1.11 面境界での線接続の変化]に見る船尾部キール板のKL部に『現図展開』で解説した「タンクトップ・マージンプレートの展開」を応用する方法。

 

いずれも長い現図経験から考案されてきたもので、一般性は乏しいが作業は簡単とか、展開精度は低いが曲面のフェアリング精度にとらわれないとか、それなりに現実的かつ巧妙な方法であった。

その後、ほぼ半世紀前に理論的根拠をもった展開法として近似測地線展開が発表され、広い範囲の外板に適用可能であることが判明したことから、この手法は日本での多くの造船所に普及したが、手作業での難点として、綿密な作画作業の積重ねが必要であるにも拘らずフェアネス誤差が累積する問題があった。

 

やがて、外板展開の処理は大手造船所ではほとんどがコンピュータ化され、次に述べる測地線展開法計算の他にも、手作業では展開手順が繁雑でその適用が制限されていたタスキ送り展開の数値化や、更にはコンピュータで初めて適用可能になる接触面展開: 参照[図3.1.1 接触面展開法の原理]なども数値展開法として紹介されているが、従来の展開法と同じ名称でも、各社独自の考案により、かなり異なった数値展開処理となっている。

[図3.1.2 外板部位別展開法]のような展開法選択の知識さえあれば、展開技術そのものは機械化されたのである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
177位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
63,496

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.FRP船修理標準工作法
2.アルミニウム合金母材及び溶接継手の静的強度
3.アルミニウム合金溶接継手の欠陥と強度
4.溶接変形と歪み取り対策
5.アルミニウム合金船建造における「工数低減・性能向上のための改良材料、半加工部材及び工作・接合法に関する新動向」
6.構造設計アラカルト及びコストダウン方策について 付/19GT型水産高校小型実習船の材質別比較について
7.船舶の安全性余談
8.ISO−9000による品質管理の手法
9.平成11年度通信教育造船科講座受講者募集要領
10.平成11年度通信教育造船科講座のしおり
11.平成11年度通信教育造船科講座−添削問題−
12.平成11年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)の実施要領
13.平成11年度通信教育造船科講座−スクーリング試験問題−
14.通信教育造船科講座正解集(平成11年度)
15.小型船造船業の実態調査報告書(11年度版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から