日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


付録.沿線自治体の首長インタビュー

 

(1) 小倉満・岐阜県大垣市長(近鉄養老線)

環境、観光面で「サイクルトレイン」の役割大きい

 

074-1.gif

−今年のNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」に合わせて、「決戦関ヶ原 大垣博」が行われるが、まず大垣市について紹介していただきたい。

小倉 大垣博は、市の中心部にある大垣城を会場にして、3月25日から10月9日までのロングラン開催となる。天下分け目の最終的な戦いは、隣の関ヶ原町だったわけだが、決戦前夜までの三週間、西軍主力は大垣城、東軍は大垣城北西四キロメートルの岡山(現在のお勝山)に布陣し対峙していた。こうした歴史の転換期に登場するなど、大垣市を中心とした西濃地方には名所旧跡がたくさんある。

また大垣市は「水の都」でもある。地下水に恵まれた土地で、市内各所で自噴水がみられ、また揖斐川をはじめ河川の多いことでも有名。こうした豊かな自然条件から産業立地も盛んで、紡績、化学工業などで、戦後復興から高度成長へとわが国経済発展の一翼を担ってきた。それゆえに水質汚濁、大気汚染、悪臭公害を被った苦い経験もあるが、市民、事業者、行政の協力によって、いまでは清流と緑を取り戻してる。

−地域の交通事情と、その中で鉄道が果たす役割について。

小倉 市民生活や産業活動は、一言でいってしまえば自動車中心で行われている。マイカーが便利だから増える。そうなると、公共交通機関の利用者が減少し採算が悪化、運行本数が減り不便になる。環境的視点からすれば、こうした悪循環を断ち切らなければ、との思いは非常に強い。

鉄道は、JR東海道線に近鉄の養老線と揖斐線、第3セクターの樽見鉄道がある。産業都市なので、人口は昼間が夜間に比べ1万2000人ほど膨らむが、これら大垣に来る人および大垣から岐阜、名古屋方面に向かう人など、鉄道利用者はかなりの数にのぼっている。

JR大垣駅は橋上駅なので、JR東海が橋上からホームまでのルートにもエスカレーターを取り付けバリヤフリーにしたのは、たいへん嬉しく感謝し、評価もしている。しかし、昨年12月のダイヤ改正では、運行本数などで以前より不便になったところもあるので、引き続き改善努力をお願いしたい。JR線に比べ、近鉄線や樽見鉄道は利用者、運行本数ともに少ないが、通勤・通学に欠かせない足であり、名所旧跡をはじめ豊かな自然を求めて来る人にとっても、大切な公共交通機関だ。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
372位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
26,778

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から